加古川市尾上町池田の内科・循環器内科・呼吸器内科「北村内科クリニック」です。高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病、一般内科をはじめ循環器の病気や気になる症状がございましたら、お気軽にご相談ください。神姫バス「長田」バス停より徒歩1分です。

気管支喘息/一酸化窒素呼気分析測定・総合呼吸抵抗測定装置

  • ホーム »
  • 気管支喘息/一酸化窒素呼気分析測定・総合呼吸抵抗測定装置

気管支喘息/一酸化窒素呼気分析

気管支喘息は慢性進行性持続性の気道炎症が特徴であり、それに続く気道過敏性、気道収縮が第二の病態であります。
呼吸器専門医でも診断が難しく、いろいろな検査方法があります。代表的な検査は、スパイロメーターと呼ばれる呼吸機能検査です。
しかし、喘息が落ち着いているときは、結果は正常になる場合があり、また発作がひどいときは、検査ができない可能性もあるので万能の検査法ではありません。

喘息患者さんは、呼気中の一酸化窒素が上昇することが判明し、気道の炎症と呼気の一酸化窒素は密接に関連することが明らかになりました。前述のとおり、気管支喘息の第一の病態は、気道の炎症でありますので、目にみえない気道の炎症の状態が分かれば、診断と治療に非常に役立つと考えられます。

一酸化窒素呼気分析装置最近、一酸化窒素呼気分析装置という簡便で迅速な検査法が開発され、早速、当院でも導入することに致しました。
この検査の結果は、数値でわかるので、診断だけではなく、治療の開始、継続、中止の判断にも役立ちます。何より、気道の炎症が客観的に数字で出ますので、患者さんの理解納得も得られ、医師との情報が共有しやすいので、治療のモチベーションにもつながると期待しています。 また、呼吸機能検査ではわからない咳喘息も診断できます。

NO測定

気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患(COPD)/総合呼吸抵抗測定装置

モストグラフ -総合呼吸抵抗測定装置-

モストグラフ慢性閉塞性肺疾患(COPD)や気管支喘息の診断、また治療効果の確認にも有効です。例えば、COPDでは抵抗は高く、周波数依存や呼吸周期依存が見られます。
一方、気管支喘息では、呼吸抵抗は高いものの、周波数や呼吸周期への依存はあまり見られません。モストグラフは3~4歳から検査が可能です。
また、治療がうまくいっているかの確認にも有用です。検査方法はマウスピース(患者様毎に新しいものに交換)を口にくわえ普通に安静に呼吸をするだけで可能です。
肺機能検査をすることが難しかった高齢の患者様や小さなお子様の診断が可能となりました。

  • 正常波形
    正常波形
  • ぜん息
    ぜん息
  • COPDステージ1
    COPDステージ1
  • 比較
    比較

クリニック情報

診療時間

診療時間
 9:00~12:00
15:00~18:00

毎月第3水曜日15:00~16:00(受付は14:45~)はペースメーカー外来となっております。
午後の一般診療は16:00からとなりますのでご了承ください。

休診日木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

アクセス・地図

〒675-0023
加古川市尾上町池田745-3

神姫バス「長田」バス停より 徒歩約1分
山陽電鉄「尾上の松」「浜の宮」各駅より 徒歩約15分

お気軽にお問い合わせください

TEL:079-423-8000

駐車場(30台)完備

当院で可能な検査|詳しくはこちら 気管支喘息、小児喘息 禁煙外来 アンチエイジング エレクトロポレーション ケアシス オンライン診療|詳しくはこちら WEB問診票|詳しくはこちら 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら
初診の方へ 診療時間・休診日 アクセス・地図
PAGETOP
Copyright © 2021 北村内科クリニック All Rights Reserved.